« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

工房絵―KOUBOUKAI―

29日から東京に行っていました。

というのもNPO法人BeGoodCafe主催で国際エコビレッジフォーラムに参加するため。

あともう一つは、ずーっとずーっと気になっていつか訪ねようと思っていた工房絵(こうぼうかい)http://www.sfc-net.or.jp/kai/index.html# という知的障がい者の福祉施設へ取材に行くため。

二つのことを一度に書くと、とっても長いブログになってしまうので、工房絵(こうぼうかい)のことを書きます。Img_3418

左は工房絵のショップ

初めて工房絵(こうぼうかい)のことを知ったのは5年くらい前 「まひるのほし」http://www.cine.co.jp/works1/artists/top3.htmlというドキュメンタリー映画を見てから。

知的障がいの方々がアートで自分を表現していく様子を見て、すごく衝撃を受けたんです。その中で一番輝いていたのが工房絵(こうぼうかい)の”シゲちゃん”。

Sige

シゲちゃん はカクばった字を書く。その特徴のある字で名刺を作り大勢の人たちに 「シゲちゃんです!」と自己紹介しながら配る。シゲちゃんは女の人が好きで、会うと自己紹介をひたすらする。その様子を撮影し、その映像を10台くらい整然と並べられたテレビの画面に一斉に写す。それが、アート作品。

シゲちゃんという強烈なキャラクターがアートになっていた。

こんな楽しいこと考える施設ってスゴーイ!!いつか行こうと心の片隅で思い続けて5年後、工房絵(こうぼうかい)に行くことが出来ました。

職員さんにお話を伺いながら工房の中を見せてもらい、施設の作家さん(利用者さん)達とお話をし、心がキュンキュン。

工房絵(こうぼうかい)に入所すると、利用者さんにいろんなことをしてもらうそうです。その中からその人のやりたいことを決めてもらい、職員さん達はその環境を整えてあげる。気持ち良く制作ができるようにサポートするのが職員さん達のお仕事。

だから、利用者さん達ひとりひとり、制作しているモノが違う。絵だったり、バッジだったり、刺繍だったり・・・日々いろんなアート作品が生み出されていく。

福祉施設だけれど、福祉関係の学校を卒業した職員さんがあまり居なくて、以前の職業は様々。プログラマー、デザイナー、アパレル関係、セミプロで歌ってたり・・・と多種多様の職歴。

施設内の雰囲気も自由な感じ。

自由な雰囲気をかもし出す施設。これが本来あるべき姿なんだろうなぁ・・・。

施設に限らず、仕事をするとき適材適所に人が配置されると本能を発揮できる。その人の持っている能力が輝く。人の良さを見定めることが出来れば、その人は良い仕事ができる。

コレって当たり前のことだけれど、なかなか難しい。

これも修行だ~とか思いながら苦手なこともしてしまう。

工房絵の仲間達の作品には、「修行だ~!」という思いが無くて、「楽しいなぁ~」がこもってるからキュンキュンするんだな。きっと。

たくさんお話を聞かせてくれた工房絵の利用者さん達、職員さん達に感謝です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毒が溜まってたみたいです

ここ1週間、首と肩がこりイライラしてました。体のこの辺りには体内の毒素が溜まりやすいそうです。そして、とうとう昨日から熱が出てしまいました。

自分ではドチラかと言うとヒョーヒョーとしてて、あまりストレス溜めない性格だと思っていたんですけど、将来のビジョンとか考え始めるとこんなコトで良いのか??と疑問を持つようになり、現状がダメなんじゃないか??とさえ思えてきて、いつの間にかストレスという毒素が首に溜まってしまい、ソレが肩こりと首のこりになり、熱が出てしまったみたいです。

こんなこと、言葉で話してしまえばスッキリ出来ることなんでしょうが、自分の感情を上手に言葉で表現するのが苦手なもので、心の中にコアな部分をしまい込んでしまう癖があります。そして、ストレスが溜まり熱を出す。子供の頃から、こんな感じで熱を出す癖がありまして、そんな自分が大嫌いでした。

でも、昨日は熱で寝込んでる時にふと頭に言葉がよぎりました。

「感情表現が下手な自分でも良いじゃない。それも個性。そして、それでストレス溜めて熱出したって良いじゃない。そうやって体の毒素を解毒してるんだから」

ホントにそうです。人ソレゾレ個性ってのがあるんですから。これも私。

子供の頃は自分を表現する方法が無かったけれど、今はRe空間つくったりイベントやったり、たまに路上で歌ったりしてる。

それで良いじゃないかぁ~。幸せだなぁ・・・と思えました。

そして、大嫌いだった自分の癖も個性だということで、もっと自分を好きになろう!と心から思えました。

考えがスッキリしたせいか、今日は熱が下がりました。良かった~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は快晴~空の下で絵描きさんが行く~

  ここ最近の大分は、本当に天気が良くて、気持ちいいです☆

本日は、次の空間ペインターの施工先の完成予想図を描くために、街外れの公園で絵を描いておりました。 in 芝生の上。

Img_1659

なんだか、不思議な気分でした。

学生の頃に戻ったような…。

よく言えば、印象画家のような…。

でも、画材はペンキのような…。

…。

Img_1653 次の施工は、

「木」がメインで描くことになりそうなので、

ひたすら木を

見て…

見て…

見まくりの日々です。

久々に、木と向き合ったのですが、

木ってやつは、すごいですね~。

Img_1651_1

Img_1650 Img_1635

Img_1640

本当に、生きています!当たり前な話ですが、、、。

そして、でっかい!!

押しても、押しても、びくともしないもんですね。

ふと、木登りをしていた小さい頃を思い出しました。

なんだか、やさしい気持ちになれました。

木って素敵だ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農作業

先日、(おそらく)生まれて初めての稲刈りを経験しました。

Img_1623_1 仕事を早めに切り上げ、早速作業を開始。

「…た、た、たのしぃ~!!」

なんでしょうね…。

こんなに、農作業が楽しいとは思いませんでした。

胸が高鳴る高鳴る!!(笑)

草取り作業は、本当に大変でしたが、その分、ここまで育ってくれたのが、嬉しくて嬉しくて…!!

稲達が、仕事の疲れを吹き飛ばしてくれました!台風の影響もなく、ここまで育ってくれてありがと~う!!

Img_1622_1 その日は、稲を干す作業もさせてもらいました。

ちょうど、雨のあまり降らないこの時期にしか出来ない作業らしいです。なんか、自然と共存するってこういうことなのか~っと思いました。干す方法も、知恵が沢山詰まっていて、感動しました。昔の人はすごい!!先人に感謝ですね。

せっせ、せっせと作業しているうちに、あっというまに、あたりは真っ暗。

素敵なヒトトキでした。

みなさんも農業しましょう!!おススメですよ☆

できれば、自然に逆らわない農法で☆

Img_1620

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てんつくマン3月18日に来てもらいます

Kumamoto 10月1日熊本へ行ってきました。「てんつくマン」のトークライブと映画を見に行く為です。

今年の6月に初めて「てんつくマン」の存在を知り、それからワークショップ参加の為に小豆島に行き、今回は熊本。まるで追っかけですね・・・

ミーハーな気持ちで行ってるんじゃないですよぉ。熊本は3月18日に大分市に来てもらうので、どんな段取りでコトを進めているのか見る為に行ったんですね。

半分仕事でしたが、しっかり楽しんできました。初めて「書き下ろし」をしてもらいましたよ!

私は「京子がいるから大丈夫。京子のすばらしさは人のすばらしさを見つけること。」という言葉を書き下ろしてくれました。

私がどんなお仕事をしてるか一切話していないのに、今のお仕事にピッタリはまる言葉を書き下ろしてくれた。

なんなんでしょ~!

「職業は生きていくためにすること。仕事は自分がやって嬉しいなぁ、幸せだなぁと思うこと。」と、てんつくマンがトークライブで言ってました。

私は人に出会って話を聞いて、その人のすばらしさを文章で表現できて、沢山の人がソレを読んで、知らない人のすばらしさを知り、何かしら感じてもらえたり、インタビューされた人に何か少しでも良い変化が起きた時、スゴク嬉しくて仕事続けよう!と思う。

デザインは、文章をジャマせず、でも内容を引き立てる雰囲気が出せるものが作れたらスゴク良い。

デザインと文章。

今、現時点での私の仕事はコレなんだな☆

と改めて実感いたしました。感謝です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるりボサノバ

Live

昨日チャービルさんhttp://www.oct-net.ne.jp/~chervil/

naomi & goro http://www.naomiandgoro.jp/index.html のライブがありました。

ボサノバのデュオで、私が初めてnaomi & goro のCDを聴いたのは今年の7月でした。

その頃は、体にすぅーっと染み入るけれど少しキャッチーな音楽を求めていました。

レコード屋さんで沢山のCDを視聴したけれど、どれも音が重なりすぎで違うな~・・・と感じるCDばかり。

そんな中、ふと見つけたのが naomi & goroの「PS I forgot」。

naomi さんの小鳥のさえずりのような歌声とgoroさんのギターが気持ちよく調和して、すぅーっと体に染み入ってくる。

すぐに買いました☆その日から、ヘビーローテーションでnaomi & goroの「PS I forgot」流していた矢先に、ふとチャービルさんへ足を運んだらBGMで同じものが流れているではありませんか!

オーナーさんに、「このCD良いですよね~!」と言うと

返ってきた言葉は「今度このお店に来てくれてライブするんですよぉ~」 !!

そんな偶然があるんですね☆

そして昨日は生でnaomi & goroのライブを聴けてとっても幸せ・・・

センスの良い雑貨に囲まれたこじんまりとした店内に、お客さんがびっしり。

naomi & goroさんとの距離は、まるでバンドメンバーみたいな近さ。

こんな間近で、あのステキな歌声とギターが聴けるなんて、滅多にありません。

ゆるーりとした二人の雰囲気が会場全体を包み込んで、心も体もゆるーり出来ました。

こんなステキな企画を催して頂いたチャービルさんに感謝です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »