« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

三佐キャンドルスローカフェ準備室

只今Re空間では、8月19日(土)に催される「三佐キャンドルスローカフェ」の準備が行われています。イベント会場をRe空間の5号で「絵本の世界のようなお庭」と紹介したので、どんなところだろう?と思ってらっしゃる方もいるかも知れませんので、ほんの少しだけ写真でイベント会場を紹介したいと思います。

Img_0893Img_0885 Img_0890 Img_0925

この写真で少し雰囲気が伝わったでしょうか??

場所は、大分市三佐3丁目9-10 ガーデン&エクステリア「南の風」です。

当日は16時からスタートで、キャンドルの灯りで彩られていますので、また雰囲気が変わると思います☆また、ほかにも大分県立芸術文化短期大学の音楽科によるカルテットのヴァイオリンの音色が会場を包みこみ、オペラの歌声が響き渡る予定です☆

ちょっとお高いイメージを与えたかもしれませんが、そんなことありません。

王子中町スローカフェに来てくれたお客さんは、わかると思いますが、ゆ~ったりとした空間に、作家さんたちによるプチワークショップが開かれ、キュートな雑貨を作ったり、自然派志向のフード&ドリンクを食べたり、ヴァイオリンの演奏に耳を傾けたり…小さな子供も、大人もゆっくり、のんびりヒトと時間と灯りを楽しめる、そんなイベントです。ちなみに、入場無料ですので、お気軽に遊びにいらしてくださいね☆

また引き続き、三佐キャンドルスローカフェ準備室からのお知らせをいたしますのでお楽しみに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

食べること

Tubutubu  つぶつぶ雑穀クッキング2回目です。

今回は‘うるちあわ‘の照り焼きバーガー、キジ丼、甘酒クッキー、シバ漬けを作りました。

一見お肉が挟まっているハンバーガー。ハンバーグ風なものが、うるちあわと玉ねぎを混ぜて焼いたもの。

玄米の上に乗っかってるのが、鳥肉に見立てた、うるちあわと玉ねぎを混ぜたものを板麩に貼り付けて油で揚げたもの。

どれも、お肉を使っていません。つぶつぶ雑穀料理の面白いところが、雑穀を何かに見立てて使うというところ。

体質的に動物性のものを受け付けない方には、とっても良い料理ですよ!

でも私は、お肉もチーズも少し食べるのが好きなので、雑穀料理の面白いところを上手く自分流に取り込んで、食を楽しみたいです。

こんな風に、食べることを楽しめるということが幸せですね。日本って幸せな国だなぁ・・・と、他の国で起きている出来事をニュースで見るたびに思います。だからこそ、食を粗末にしてはいけない。日々、きちんと食事をいただけることに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに行ってみたら・・・

Img_0990_1 7月の連休中は熊本の小国町までドライブしました。林檎の木のアップルパイが食べてみたい!という一心で。その途中、何箇所か寄り道をしましたんですけど、とっても印象的だったのは長者原の湿地帯?

子供の頃、一度だけ学校か何かで来た事あったっけ??程度の記憶しか残っていなくて、長者原が良いところだったなぁ~という記憶も無かったんですね。

大人になって、長者原の湿原を歩いてみると、風の気持ちよさと空気の清々しさに癒されましたぁ。街の中で汚れた空気すって汚れた肺が、キレーになったような気分。

こんなに良いところだったのね・・・しみじみ。

子供の頃は大人に連れて行かれるという気持ちが強かったから、こんなにキレイな所を見てもあまり感動できなかったのかしら・・・。大人になると、沢山の汚れたものや汚れた空気に囲まれちゃう環境で働かざるおえないから、正反対のキレイなモノに過剰反応しちゃうのかな??

大人になっちゃったみなさん。長者原に行ってみてください。気持ち良いですよ~。Img_1006

ちなみに、小国町の林檎の木。店内に本棚があって、昔の本みたいなものがビッチリつまってました。何かと思って本を見てみたら、全部お客さんの感想ノート!こんなにイッパイ!!!愛されてるお店なんですね。お店が繁盛するのは、そのお店が愛されているからなのね~ということが良くわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふと思ったと…

最近、知り合いの方の田んぼをお借りして、初めて自然農法という無農薬、無肥料のお米を作ろうと、数人の友達と仕事を終えたあとに、せっせと取り組んでいます。

昨日も、仕事を終え、その田んぼで一人、草取りをしていました。

そのとき、ふっと思ったことを、帰ってポストカードに記しました。

Photo_6

ヒトの面積って、たったコレだけ。

でも、世界を輝かしている。

ヒトっててすごい。

ヒトって無限大だ。

想えばかなう。

何事も。

悪いことも。

善いことも。

ヒトは、想って、行動する。

それが、自分を創っていく。

悪いことを思えば、悪い行動を起こすし、

善いことを思えば、善い行動を起こす。

夢を本当に叶えたいと想えば、夢を叶える行動をする。

自ずと周りのヒトやモノが変わってる。

ちょっと叶わないかも…と想えば、ちょっと叶わないかも…の行動をする。

迷えば、迷う。

何も思わなければ、何も起こらないかもしれない。

なんだって、想えばかなう。

すべては、自分がどうなりたいか。

当たり前のことだけど。昨日、田んぼの草取りながら、ふと思ったと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう

ブログを御覧のみなさんにお聞きしたいことがあります。

「ありがとう」

と言われてなんと答えますか?

様々な本を読んでいると、感謝することの大切さ、「ありがとう」の重要性をたくさん目にするの機会が多いのですが、

「ありがとう」と言われた側は、それに対してどう答えればいいのでしょうか?そういった事を書いている本を見かけないのでちょっと気になりました。

「どういたしまして」

「コチラこそ、ありがとう」

「いえいえ、どうもどうも」

…謙遜しすぎると卑屈になるし、笑顔で答えるっていうのも…どうなんでしょう?

お互いが気持ち良い関係になる答え方を探しています。

なにか、ご意見いただけると嬉しいです。   by Re空間

Img_0798

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みつけた

Taketa7 竹田市の「まちなかステーション」にストローベイルの内装が施してあると知り、見に行きました。しかし、期間限定の内装だったようで、すでにストローベイルの壁は撤去されていてカウンターの部分だけ残っていました。残念がっていたら、その場所のオーナーである「ともしゅう」http://www.tomosyu.jpの女将さんが、「面白いところ連れて行ってあげる」ということで、竹田の岡城跡に連れていってくれました。

てっきり岡城跡に行くのだと思っていたのですが、連れて行ってくれたのは朽ちたモノが沢山あるお店でした。

Taketa1 Taketa2Taketa4 Taketa5 Taketa6_2

朽ちたモノ好きにはたまらない場所。店の名前は「三桁(みつけた)」。名前もカワイイ。

初対面なのに、いろいろ案内してくれた女将さんに感謝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »